現虚夢

イェーイ

福田先生、江幡先生。

中学のときの福田先生は優しい先生だった。配られたプリントを折り紙にして遊んでたら「作った人の気持ちも考えろ」と怒られたのは覚えている。発達のアレで手遊びが必要だったんだ。大目に見てくれ。その時くらいしか変な怒られかたをした記憶はない。優しくて倫理的で話の分かる人だった。

福田先生はある時、俺の家に来て、俺をドライブに連れて行った。気分転換を俺にさせて、「どうしてあんなことしたんだ?」と俺に聞いた。そんなの俺にも分からなかった。「誰かにフラレてショックだったとか?」別に俺は特に好きな女の子もいなかった。そんなに分かりやすい動機で何かをする人間じゃなかった。自分で自分が分からなかった。たぶん、肉体的にも精神的にも追い詰められていたんだと思う。きっかけっぽいものも、今から思えば無くはなかった気がするが、その時は何も分からなかった。ただ泣きたかった。ただ辛かった。理由が分からなかった。漠然としていた。漠然と辛いものだ。

高校生になったらもっと漠然と追い詰められていた。何もできなかったし、何も分からなかった。担任の江幡先生は3年間俺の担当で、やはり優しく、やはり話のわかる先生だった。ときどき定型特有の人間を操るムーブをする時があったが、ときどきだった。俺にはしなかった。高校生にもなっていたので、クールなお付き合いだ。でもずっと学校に行っていなかったので、いつも俺の家に訪問しにきていた。両親は江幡先生に的はずれなことを言っていた。時間の無駄だったし聞いているだけで嫌になる話だった。先生はスマートだった。最終的にめちゃくちゃ江幡先生に救われたのは覚えているが、どう救われたかは覚えていない。少しずつ、地味な配慮をしてくれて助かったかもしれなかったし、土壇場でドンと俺を引き上げてくれた気もした。どっちもだったかも。

先生らは親よりもずっと恐れ多い存在だったしずっと尊敬できる存在だった。大人はわりかし信頼できた。子供はあまり信用できなかった。倫理観もクソもない人たちばかりだった。

今は学校に行っている。ちゃんと大学に来いよとか励ましてくれる友達はいない。なぜなら普通に大学に行っているから。そもそもそんなこと言われたら的外れだし、たぶんこれからもそう。自分で勝手に単位も出ないのに休まず出たくなるような面白い講義があるからだ。それはそれで助かる。永井先生ありがとう。

捨てられない靴

小学校くらいのころ、靴を捨てられるのが嫌だった。馴染んだ履き心地のいい靴を「もう小さくなっただろう」とか「もうボロボロだろう」とか言われて俺の気持ちなんか全く関係なくすぐ捨てられるのが嫌だった。良い靴を見分けるなんて今でも俺にはできないから、新しい次の靴がいい靴になるかどうかなんて博打だし、今の長く親しんだ靴を捨ててハズレかもしれない靴を履くなんていやだった。

小さい頃、よく歩いた。片道30分も学校まで歩いていた。酷暑だろうが大雨だろうが大雪だろうが、親も学校も歩かせた。何も言わず黙って靴は俺について来た。靴は身体化されていた。一番俺と一緒に居たのは靴だった。確かに少しずつ靴は綻んできたりしていた。でもまだまだ履ける。少し綻んだくらいで捨てるなんて考えられなかった。たまたま体は綻ばずピカピカのまま大きくなっていき、靴は少しずつみすぼらしくなっていったが、どちらも俺の愛着ある体だった。たまにみすぼらしくなっていく靴を見て目に涙を浮かべていた。定命の者よ……。健康オタクだから自分の体には愛着がある。こんなふうに体が壊れていくなら俺はその時も泣くだろうか。

今、俺は靴を捨てることにほとんど抵抗がない。というか、抵抗が出ないようにわざと安い靴を選び短期間で履き潰して履けないようにしている気がする。愛着がどうこうというよりも、履きつぶすまで履かないなんて勿体無い!という気持ちが本当のところなのかもしれない。3ヶ月でクロックスに穴が開いて履けなくなるので、すぐ捨てて新たなクロックスを買う。

大学に荻原くんというやつがいて、そいつは凄い。なんと高校の内履きを外履きとして大学3年生になるまで履いて登校してきている。どす黒く汚れていて紐があるのかないのかも分からない。かなり破けていて水はすぐ侵入してくるそうだ。しかもそれ内履きだぞ?外履きじゃないんだよ?本人は外面とか女の子ウケとか全く意識しない剛の者なので、以前「見た目ヤバいし替えたら?」と言ったところ「買い換える必要性が見当たらない」とちょっとムッとして言われたので、「まぁ汚いスリッパが好きなクリプキの伝説じみていてかっこいいし、哲学者って感じがするからね……」とだけ言っておいた。見た目がホームレスみたいであるのは確かだし、その何も気にしない姿勢がロックでかっこいいのも事実だ。どちらかというと俺も荻原くんほどじゃないがオシャレに無頓着という感じで常にダサい服や靴を身につけているので、自分の一面を見ているようでもある。オシャレは金がないとできないと思っていたけど、どうやらそうでもないことを最近悟りつつある。オシャレをするやつは毎日バイト入れてでもするんだ。俺は何もしない。なんの話だっけ?靴?最初はセンチメンタルな話だった気がする。でも本当に、昔は靴のために俺は泣いていたんだ。今はもう、何に対して泣いているのか分からない。ときどき泣いている。何かのために。実在性が極めてなさそうな何かに。

睡眠導入剤

なんだか頭がおかしくなって来たな〜と思って心療内科に行ったところ、寝ればすぐ良くなりますよ〜とのことで名前も知らない睡眠導入剤を貰った。とてもよく効く。
どれくらいよく効くかというと、飲んでから「寝るか」とか口にしたり、頭の中で思ったりするとその時点で気絶したように寝てしまうみたいだ。それで一日目は布団を敷いてる最中に倒れて次の日の朝まで目が覚めなかった。
なぜか薬効が2日くらい続くらしく、「睡眠導入剤飲んで寝るか!」と思った時点で2日目はむ飲む前に寝てしまった。一回飲むと48時間くらいは迂闊に睡眠関連のことは考えられなくなってしまうので厄介だ。直接口にしたり、頭の中で唱えたりしなくとも、布団を敷いて布団に入るとかそういう映像的イメージをするだけでも駄目っぽい。あと、寝る、という文字を書いたり打鍵したりするのもダメ。飲めばよく眠れるようになりますよと言われたけど、具体的にどうよく眠れるのかを聞いておくべきだった。初めて使って起きたときにこんなに強力な薬なのかとびっくりして、2日目でようやく変なことに気づいたから良かったけど、あの医者は不親切だな。薬剤師も教えてくれればよかったのに。
まあよく眠れますよと言われたら、普通はよく眠れるのか、としか思わないしな。俺もその時どう眠れるのかとか聞くことはできなかっただろう。眠るっていうのは自分の力だけではできなくて、せいぜい布団に入るとか目をつぶるとか羊を数えることぐらいしかできないものだから、寝ようと思っただけで眠れるのは便利だ。

キツネの夢

ひどい夢を見た。n度寝したから他にも悪い夢を見たのだが、覚えていない。クーラーを付けて寝るようにしたら途端に悪夢を見るようになった。偶然か?

実家の家の裏が蔵王キツネ村みたいになっていた。小さい柵があって中と外にキツネがいた。外にいるキツネはめちゃくちゃ人懐こく、頭をすりつけたり甘噛みしてきたりするのだが、「こいつらは蔵王キツネ村のキツネじゃないし、エキノコックス持ってるかも分からんやん!」とビビると、噛まれた部分とへその近くが小さく腫れていることに気がついた。
こりゃあやばいと母に言うのだが、「こんな時間に病院は開いていないぞ」と言われる。「緊急外来に連れてってくれや」と伝える。蔵王キツネ村にいたときは確かに明るかった(天気は曇り)のだが、なぜか今はアナログ時計が午後十一時を指しているし、外は真っ暗。大きな病院は実家から車で20分はかかる遠い場所にあるし、俺は免許を持っているが車を持っていないしなにより今は体調が危うい。母が車に載せてくれる。
シートベルトに座ると、なぜか心拍数とかのバイタルサインが車のメーターのとこに表示される。近未来的でかっこいいデザインだった。たぶん心拍数とかが危うくなればシートベルトに内蔵されたAEDが背中とかお尻から俺の心臓を電気ショックする。金持ちの友達の新型リーフに乗ったら座席ヒーターでケツが暖かくなってめちゃめちゃビビったのを思い出した。
片側3車線ぐらいの道を通って病院に行く。そんなに車線がある道路田舎にはなかったはずだけど。中学生のころの美術の教師が選挙カーみたいなのに乗って「辛いことがあったら相談しろ。電話番号は……」と言っている。いつから職業を変えたのだろう。こんな夜中に騒音を出して大丈夫か?
夢の中でのエキノコックス菌は、体の一部を引き攣らせてひん曲がらせる、というものだと理解していた。現実にはどうかは知らない。とにかく夢の中ではそう思っていた。唇がひん曲がり出して、これはエキノコックスに違いないと確信していた。
緊急外来に着くと、すぐさま男の若い医者(知らない人)が俺の唇を診た。銀色の棒で俺の唇をいじって。今思えば、菌を診るのに顕微鏡とかいらんのか?そして「完全にエキノコックスですね」と告げる。この時点でかなり死のリスクを覚悟したのを覚えている。治してほしい一心だった。というか、俺が唇がひん曲がったことがエキノコックスのせいだと思ったのはたんなる思い込みに過ぎないし夢の中の俺もそれを自覚していたはずだろう。なのに医者が全くそれを正しいと思わせるような動きをしたのは偶然なのか?必然か?しかし死の瀬戸際ではそんなことを考える余裕はなかったかもしれない。
男の医者は脇で見ていたもう一人の中国出身の若い女性の医者(これは知っている人)に、このように応急処置をしろと言って、俺の唇を銀色の棒で激しく擦った。女性の医者は言われた通りにする。今思えば、こんな応急処置しかないのかよ!ベッドに横たえられてすらいない。診察室の椅子に座ったまま、唇を擦られる。助けてくれ!死にたくない!歯医者にありそうな銀色の棒で激しく擦られて唇が痛い!痛い!痛い!死にたくない!助けて!

苦悶の表情で夢から醒めた。なんだ夢か。最近人間関係とか締め切りとかで苦しんでいるし、夢くらい楽園にいれたらいいのにな。最初のキツネは天国だったのに、なんでエキノコックスとか連想しちゃうのかな。しかも実は勘違いでしたとかじゃなく本当に死ぬパターンで話が進んでいたし。俺は心底では死にたいのか?そうかもしれない。少なくともめちゃめちゃネガティブなのは言うまでもない。アイス食べたいな。やっていきましょう。他にも最低な長い夢を見ていたけど、内容はぜんぜん覚えていない。覚えていられたらいいのに。逆に、夢の中では現実の記憶の想起とかできてるのか?途中で知っている人はたくさん出てきたけど、それは別に現実世界の記憶を参照して夢の中で知っている人だと理解していたかは定かじゃない。スマートホンだとはてなブログけっこう書きづらいな。よく操作が分からん。

全部やめよう委員会設立

全部やめよう!全部やめるべきだ。

 

考えることなんて、だいたい、耳に聞こえが発生することや、目を開いていたら見えが発生することと同じようになぜ捉えられないのだろうか。難しいことを言われて答えに窮することなんていくらでもあるけど、それってたまたま内語が聞こえなかったとか、勝手に口が動いたこととかを事後的に自覚することができなかったとか、どうしてただそれだけだったということにできないのか。なぜ責任を問われることがある?

窓から外を見ていて、UFOが見えるかどうかなんて、俺の力ではどうしようもできないじゃないか。幸運にすがるしかないし、見えるかどうかを俺に決める力なんてないのだから、俺に責任を求めることなんてできない。そうだろ?「~すべき」という責任を求める言葉は、そもそも「~できる」ということだけに限る。そうだろ?

考えることだって同じだ。なにもかもおんなじだ。野球で空振りしたやつを責めることはどうしてできる?責める場合、一体何を責めているんだ?そいつが三振しないことを選べたと思うのか?選べたら、そりゃあ選んでるだろうよ。年俸に響くからね。

ねこです

この汚い紙に書いていたことが今日俺のやっていたことの全て。

 

なんで考えることは意図的にできることだとみなされているのだろう。そうでないほうがよっぽどよい気がする。